カテゴリ:テクニック( 3 )

4.1/4インチドロップポイント(フィールドストリーム)のハンドル成形です。材質はカーボンを基本としたメタルコンポジット。バーキングのベルトサンダーに各種のベルト(木工紙ベルト・3Mのキュービトロン・Jベルト)を各部分に当てて成形します。基本は左右対称、削っては確認、削っては確認と気が抜けません。何せ削りすぎたら元に戻りませんから、、、、。

e0327983_09484930.jpg
e0327983_09514366.jpg
e0327983_09511563.jpg
e0327983_09500113.jpg
e0327983_09492685.jpg
e0327983_09520853.jpg



e0327983_09285835.jpg
ちょっとした気遣い
※ナロータングはネジで留めるもの、ピンの通しを入れるもの、今では接着剤も性能が良くなり接着剤止めと色々あります。その中私の場合ピン留めにしている。ひっこぬけを防ぐ為である。その方法はハンドルを取り付けた後ピン穴を開けてピンを差し込むため少し工夫をしている。誰もやっていることと思いますがまずタングに大きめの穴を開け焼き入れに出し。その後、真鍮などでその穴をカシメてハンドルを仮取り付けをしてピンの位置決めをした後、正規にハンドルを取り付けて、ピン穴を開けてピンを入れて止めているのです。これなら抜けることもなく安心できるわけです。でも最近は良い接着剤がありますので接着剤だけで良いのですがこれは私のこだわりですのであしからず。
ウイルダネスのキット製作

ナイフ作りをしている方からバーキングがまだ無くレジンダーでやっているためウイルダネスのキットを作って欲しいとの要望により製作をしました。焼き入れヒルトの半成形のこの状態で納品です。

e0327983_15151062.jpg