<   2014年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

アメリカに行く前に畑をしっかりしておかなければと、この暑さの中奮闘しています。無農薬・有機栽培ですから草は生えほうだい、そのままにしておけば野菜は草の中。そんなわけで少し畑の養生をしています。いつもは畑も女房に任せてナイフに専念しているのですが、見かねて手を出しました。どんなところと思う人もいるかと思いますのでそのほんの一部を画像で紹介しておきます。

e0327983_1125441.jpg
e0327983_11251511.jpg


写真は茎ブロッコリー(スティックセニョール)・ズッキニー・ニンジン等です。この他にジャガイモ・スナップエンドウ・ピーマン・里芋・インゲン豆などと栽培をしており新鮮な野菜を提供すると共に自宅でも美味しくいただいております。
 アメリカから戻るまで枯れないでくれと願うばかりです。
一年ぶりくらいです。革すき機械のすき刃の研ぎ直しが急遽入りました。すき刃の刃欠けが主な修理箇所で全て削り直しての刃付けです。この作業はバーキングのプラテンで行いますが本来は砥石が正しいのかもしれません。でもそこはナイフメーカー、使い慣れたバーキングで行います。まず120番での刃欠け部分の削りだし。番手を上げて600番まで磨き込み、併せて刃付け。簡単そうですが結構難しいんです。鋼材は多分ハイス鋼だと思いますが併せて錆び落としも行います。まあ画像の通りですが八本ばかりの修理です。
  刃欠け部分
e0327983_11532983.jpg

  修理後
e0327983_11534856.jpg

  切れ味テスト
e0327983_1154122.jpg


  こんな具合です。
いよいよ迫ってきました。今年で出展4年目に入るショーです。その詳細は

       BLADE SHOW

          開催場所  アメリカ・ジョージア州・アトランタ
          開催日時  2014.6.5~6.8
        http://www.bladeshow.com/ehome/index.php?ventid=79096&tabid=162125&
です。
  僕らのナイフ仲間である

           鈴木 寛さん
           荒川知芳さん
           多松国彦さん
           戸崎 茂さん
           松崎 猛さん
           原 幸司さん
                   他
も出展します。 
本日が最後の一本です。これら作品はアトランタブレードショーのために作ってきましたがお気に入りのものがあればお問い合わせ下さい。それでは最後の一本です。

      ワイルドハンター Ⅱ

これはオリジナルです。また、ハンドルは一回り大きく、この様な模様のマンモスアイボリー、また大きさではなかなか手に入りません。かなり高価な価格で仕入れています。その分価値があると思いますが。

e0327983_905534.jpg
e0327983_91616.jpg


幾日かの間のご訪問と共に見て下さった方々にお礼申し上げます。アメリカも頑張ってきますので陰ながら応援して下さい。
      ありがとう御座いました。
本日は二本です。どちらもダブルブレードです。

  ブーツナイフ
ハンドル材はメタルコンポジットです。
e0327983_9221741.jpg
e0327983_9222588.jpg

   ニューヨークスペシャル
ハンドル材はカーボンファイバー・ブルーバールというもので写真では見にくいですがきらりと光るブルーが写り込みとても綺麗なナイフです。
e0327983_9225089.jpg

e0327983_922594.jpg

本日も三本紹介します。

  オーパ !
ターコイズキャンパスマイカルタで決めました。マイカルタですから水場に強く、紛失防止の派手さです。
e0327983_895734.jpg
e0327983_8101725.jpg

  オーパ !
手触りの良いデザートアイアンウッドです。木の肌はとても良いものです。
e0327983_8143634.jpg

e0327983_8151254.jpg

  バックパッカーユーティリティー
贅沢にスタッグを使っており、マスターを残していませんので1本限りの作品です。アメリカに行く前に製作途中で売れてしまいました。でも買ってくれた方がアメリカで展示して下さいとのこと。同行後引き渡しです。
また、ナイフの名付け親は、鈴木刃物さんの鈴木寛さんでナイフのイメージから命名したとのことです。
e0327983_8154450.jpg
e0327983_8155575.jpg


まだ続きます。そして、大型ナイフに変わっていきます。
本日は三本です。
         
  ヒップアップセミスキナー
   ちょっと写真では分かりづらいですが正目に小さなコブが入った感じのWoodです。
e0327983_853176.jpg
e0327983_8532670.jpg


  ワイドヒルトセミスキナー
   落ち着いたマンモスアイボリーを付けています。付加価値でバックエンドもSUS303です。
e0327983_8541941.jpg
e0327983_8543142.jpg

   カットサイド
    ハンドルはメープル系のコブが美しく出ているWoodです。
e0327983_855793.jpg
e0327983_8552334.jpg

本日も二本です。

 スティッフホーン
     アイボリーハンドルです。
e0327983_944023.jpg
e0327983_945532.jpg


 クール
    白蝶貝のスコーピオンが填めこまれています。これは既製品で自分もこの様なことが出来ればと思い使ってみました。
e0327983_965987.jpg
e0327983_974537.jpg


※次に予定しているナイフ達です。まだ焼き入れ済みもあるのですがストックのため削り出しをしています。そして、この様な中オリジナルも模索しており新しいものへの夢を馳せています。
e0327983_9125284.jpg

本日も二本の紹介です。まず

      オーパ !
        歓喜だそうです。シンプルながらシルエットも美しくスタッグが似合っていると思います。
e0327983_91221.jpg
e0327983_911043.jpg

       スティッフホーン
         あのラブレス氏のデザインでマルーンリネンマイカルタでまとめました。
e0327983_92581.jpg

 
e0327983_921617.jpg


まだまだ続きますぞよ。
本日は二本紹介します。まず

     Esprit(エスプリ)
       いつも投稿をして下さる onbuobake さんが命名してくれました。フランス語で
        知性とのことちょっと格好よすぎかな。
e0327983_15181664.jpg
e0327983_15182511.jpg

     ビックセミスキナーハンター
5.1/2インチのブレードです
e0327983_15192197.jpg
e0327983_15193458.jpg


まだまだ続きます。