<   2013年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

焼き入れ会社の鋼種違いによりナイフが行ったり来たりで仕上げが遅れています。そのナイフは

     ニューヨークスペシャル
         硬度  ピッカーズ 758
              HRC 62 相当
です。カスタマーさんの要望により鋼材はVG10ニッケルダマスカス33層鋼でちょっと異色になっています。カスタマーさんは沢山のナイフメーカーのNSPをコレクションをしているそうでこっちも手が抜けません。他のナイフとの並行作業ですのでもう暫くお待ち下さい。

e0327983_142712.jpg

e0327983_1463851.jpg

手前に移るのが今回完成したシースです。道具という道具は使わず手縫いの仕上げです。
e0327983_13443249.jpg

  ※背面にしてあるのが一頭分の牛革リオショルダーです。
縫い方ですが最初に縫い代のケガキを行い、3本ないし2本などの菱切りで途中まで誘導穴を開けます。そして手縫い用にと設備した。ドリルに1本菱切りを取り付けて貫通させ、その穴に沿って縫っていくのです。1本菱切りの台座は平行を保たせるため治具を作ってあり垂直に穴開けができて裏面の縫い跡も揃っております。
e0327983_13523111.jpg

 シースと言ってもやはり女房役、それなりに手を入れて製作をしています。
全容が見えました。

      3インチドロップポイント

です。ハンドルがホワイトリネンマイカルタですのでハンドルの取り付けや成形は象牙のように気を使います。と言いますのも削りすぎによるシュナイダーボルトの凸、更に熱によるボルト回りの焼け、ボルト取り付け時の穴に対する圧迫による白変色等と色々と気を使うんです。でも仕上がりはバッグンで清潔感あるナイフになります。デュポンコーリアンも同じような材で気を使い、今回もここまで来るのが大変でした。後は全体の磨きとブレードの最終仕上げ、ロゴと刃付けをしてシースを作り完成です。もうちょっとです。


e0327983_10542614.jpg

現在、ランドールナイフに夢をのせて新作の思案中です。こんなナイフが良いかなと思いながらラフを描いてみました。今までとはイメージも一新するかもしれませんが挑戦してみます。


e0327983_14133495.jpg

3インチドロップのホワイトリネンマイカルタのペアーが接着され、外形と各部分の削りだし、更に手作りファスナーボルトとソングホールが取り付きました。全てSUSです。更にサンプル品のキッチンナイフのファスナーも取り付き現在の状態です。キッチンナイフのハンドル取り付けですが、通常は埋め込みのカシメのみが多いのですが水場仕様ですから水が付いたまま放置する場合が多く材の変形が激しいため通常のねじ込み式ファスナーにしてあります。またヒルトも確実に付けているのは魚肉による血がハンドル材の接着部分に侵入することが多く衛生面と錆などを考慮してSUSで取り付けてあります。さあもう少しです。

e0327983_10155880.jpg
e0327983_10161537.jpg
e0327983_1016278.jpg

これはハンドルがツービスだから出来る技です。5ミリ厚のタングを埋め込む場合、5ミリのエンドミルを使います。5ミリのエンドミルはコレット内径が6ミリですから刃長だけしか穴開けが出来ません。そこでロングエンドミルを使いコレットの挟み込む部分から歯までの間を5ミリ以下にグラインダーを使い手作業で落としてしまうのです。そして実戦。相手は鉄ではなく主にウッドですから少しずつエンドミルを入れ込んでいき横スライドをさせて少しずつ穴を開けていくのです。多分皆さんはドリルで穴を開けた後ヤスリで調整しているかと思いますがこれが大変でちょっと工夫をしました。その光景が下の写真です。ミーリングマシンにも使えると思います。一気に作業をせずちょっとずつが寛容です。もっと工具を探せばロングシャフトのエンドミルがあるかもしれません。お知りの方ご連絡下さい。

e0327983_16404135.jpg

昨日は

      里芋コロッケ

でした。普通のコロッケじゃん。いや違うのです。

        畑で取れた土垂れという里芋を塩少々で茹であげそれをすりつぶして具とし、更に
        自家製ベーコンをみじん切りにして油で炒めベーコンと共に出た炒め汁を里芋の中
        に入れて練り込み、ブラックペッパーの実を擂り、それをコロッケとして形にして揚げ
        たもの

です。コロッケもジャガイモ、クリームと色々あるのですが、我が家ではこれが一番。塩気を強くすればそのまま何にもなしで十分いただけます。揚げたてをパクリと開くとチップの香りと香辛料の香りがして最高です。
アーーーー美味しかった。

e0327983_1622337.jpg


※因みに付け合わせのサラダ菜とニンジンの葉っぱは我が畑で採れた無農薬、有機の安全安心野菜です。里芋の土垂れも同じです。
前回紹介した同一型のナロータングナイフです。鋼種はATS34,ハンドルはアフリカンブラックウッドとスネークウッドのコンビネーションハンドルです。まだ販売用の化粧直しである最終磨きも終わっておりませんのでここらで失礼させて頂きます。

e0327983_155294.jpg

オーストラリアのキッチンナイフの販売店から依頼を受けていた

           キッチンナイフ (中型牛刀)

を現在製作中です。ブレードの磨きもほぼ完了し、最終仕上げをした後ヒルト、ハンドルと取り付けていきます。完成したらお披露目します。

※大阪府のMさん3インチドロップも作っていますのでもう暫くお待ち下さい。

e0327983_16395157.jpg

現在名無しですが

     VG10ニッケルダマスカス33層鋼

でナロータング仕様のハンターナイフを製作中です。ハンドルは白のドュポンコーリアンとアフリカンブラックウッドのツービスで赤スペーサーを入れてあります。
 これからヒルト、ハンドルの磨きを行い完成へと向かいます。

e0327983_10305288.jpg