カテゴリ:製作中( 341 )

神戸のショーの時お立ち拠る客さんから、遠江の守(肥後の守)カスタムは持ってきますかと尋ねられたことを思い出し急きょ製作。今度はハンドルの形状も変えボックスエルダーという木を使ってみました。何とか間に合いそうです。
後は名入れとシースのロゴうちです。
e0327983_8533388.jpg


ロゴ入れ

 機械は中野マーカー

 電解液 D-66

ステンシル  アドマ製

ロゴ入れは製作したナイフに命を吹き込む最終作業です。

作り手の喜びとしてナイフが存在する限り残る作り手の証、それがロゴなのです。

e0327983_10264041.jpg

e0327983_10271231.jpg
e0327983_10272394.jpg
e0327983_10273439.jpg

今回は

    ストラップタイプシース

を紹介します。
e0327983_10251265.jpg
e0327983_10252026.jpg

e0327983_1628254.jpg
 少し遅れ気味になっていますが、オーダーのキッチンナイフがここまでで来ました。ヒルトと、バックキャップの豪華版でハンドルは水場にも強いレジンです。ハンドルはShrapnelとい名称でアルミの削り粉のようなものがレジンで固めてある今回初めて使う材です。色も鮮やかなので仕上がりが楽しみです。
ファイターに挑戦中

        
e0327983_934215.jpg
e0327983_94178.jpg
e0327983_94934.jpg

現在進行中のナイフです。

     4.1/4インチ ユーティリティー

     グラスホッパー

e0327983_905241.jpg
 
e0327983_91352.jpg

グラスホッパーの製作に入りました。内二本はオーダーが掛かっています。一本は埼玉のNさん、もう一つはアトランタ在住のアメリカの方です。結構人気者ですね、このグラスホッパーは。

e0327983_9122774.jpg

ハハンドルにアクシデント発生。ハンドルの削り込みをしているとなんとハンドルにクラックを発見。あれーーーーーー。削り込むまで全く分からないもう少しだと思ったら落としアナ。急きょハンドルの交換。
何やかんやでここまで来ました。とりあえず荒仕上げの状態でナイフに傷が入らないため先にシース製作先行します。
 スタッグハンドルは削り込むまでその模様がハッキリとイメージできない。大まかなイメージの中の製作でメーカーの真価が問われる作業だ。今回の仕事は。最初取り付けたハンドルのイメージとほぼ同じで完璧。
いつも勉強の連続です。

e0327983_1032348.jpg
e0327983_1033718.jpg

パイカーミニのハンドル接着が終わりました。これから6*4.5のファスナーボルトの穴開けの後、ボルトの製作をし取り付けに入ります。

     
e0327983_1512267.jpg
e0327983_1513166.jpg

パイカーミニにヒルトが取り付きました。これよりハンドル作業です。

e0327983_11462290.jpg