遠江の守を試作中です。

ナイフメーカーの古藤さんから直接指導を受け作ったのですがちょっと忘れている部分もあり試作品を作っています。
こんな感じになります。
鋼材はVG10、ハンドル材は縞黒檀、ナイフ回りはミラーで仕上げブレードはヘアライン。これでカシメてしまえばいいのですがもう少し改良を加えたいところがありばらして検討します。

e0327983_1544446.jpg


e0327983_15445786.jpg
e0327983_15459100.jpg


ハンドルもいろいろな材を使うことを検討しています。
by ynobuss | 2014-08-08 15:46 | 製作中 | Comments(6)
Commented by onbuobake at 2014-08-08 19:10 x
この状態で十分素晴らしいですが、これをさらに改良される。
探求心に感服いたします<(_ _)>
この姿を見てなぜがグラスホッパーが欲しくなってしまいました(*^。^*)
Commented by ynobuss at 2014-08-09 08:36
やはりハンドル材がウッド中心ですので強度をもう少し考えています。そこはブレードピンに関してです。細工は出来ませんが全体のシルエットとしての補強です。でも現状でも問題なく使えています。
Commented by サイタマのナイフ屋 at 2014-08-09 09:01 x
肥後の守りなら遠江の守り、好いですね!ハンドル形状がノブさんのオリジナリティーを醸し出しています。
Commented by ynobuss at 2014-08-09 09:40
お早う御座います、寛さん。これイベント用なのです。でも鋼材はVG10で焼き入れは八田さんですから切れること間違いなし。縞黒檀が役に立っています。
Commented by サイタマのナイフ屋 at 2014-08-09 14:28 x
肥後の守スタイルは価格共に人気が有りますから定番にしても良いかと思います。当方も作りたい所ですが今はチョット無理なようです。
Commented by ynobuss at 2014-08-09 15:01
こいつはちょっと面倒なところがあって治具通り作らないと変なナイフになってしまいます。慣れるまで量産は難しいです。