Anaさんとのヒルト製作

土曜日はAnaさんとの同時ナイフの焼き入れのため工房に来訪、ちょうどフライスでヒルトの削り込みをしていたため体験をしたいとのことで挑戦。いつも手作業とのことでその出来上がり具合、精度について驚嘆気味
確かにフライスで仕上げると直角はもとより直線もしっかりでますので精度を出すにはこれがお勧め。そんなわけでその作業風景と仕上がったヒルトとナイフの精度部分を公開します。

e0327983_1350174.jpg


e0327983_13501727.jpg

by ynobuss | 2013-07-21 13:51 | 製作中 | Comments(3)
Commented by サイタマのナイフ屋 at 2013-07-21 17:29 x
埼玉は此処二、三日暑さが和らいで楽です。昨晩などは夕方から一気に気温が下がり久し振りにエアコン無しで眠れました。

Anaさんの腰付き、オッカナビックリでハンドル廻してますね!ノブサンがいるからこそ出来る体験で貴重です。Ana製作中のナイフはどんなスタイルなんでしょうか?秋には拝見できるかな?
宜しく伝えてくださいって、コメント読むか!!Anaさん、頑張って下さいズラーッ!そうだ!ブログ始めたら如何ですか!
Commented by Ana at 2013-07-21 19:31 x
いや~、へっぴり腰でお恥ずかしい!
さいたまのナイフ屋さんのおっしゃるとおり。
ノブさんから、もっと大胆に削っていいよ!ってアドバイスいただきながら、体験させていただきました。ノブさんありがとうございました。
この後自宅工房というか、縦長の畳二畳くらいしかない作業場で、もう一本、焼き入れ出来るまで仕上げました。また、来週NOBU`S工房におじゃましまーす。
Commented by NOBU'S工房 at 2013-07-22 09:06 x
サイタマのナイフ屋さんおはよう御座います。フライスなどの機械は最初使うとおっかなびっくりで僕もこんな感じしゃなかったかとおもいます。今では送りハンドルも送り側に対してハンドルの確認をせずに自然に回転させており慣れというのは恐ろしいものですね。今週金曜日には焼き入れが戻ってきますのAnaさんも楽しみにしていて下さい。