ヒルトの角材成形

 ヒルトは常にステンレススティールのSUS303を使っています。何故ニッケルを使わないのと時々質問がありますがニッケルシルバーはちょっと傷か付きやすいのと、放置するとくすむという現象が起きますので僕の場合一切使っておりません。決してニッケルが悪いというものではなく好んでいる方もいますのでオーダーで希望があればニッケルでも対応しています。加工性はステンレスですのでニッケルより数倍の手間が掛かります。
 僕の場合ヒルトはナイフのサイズによりそのデザイン性から、幅と厚みを変えています。こんな事からSUS303の角材を調達し、必要なサイズをけがいた後、コンタマシーンによって切断にかけます。

        コンタマシーンによる切断

e0327983_104425.jpg


そして切断後は表面を平面にするためと直角にするため縦型フライス盤によりエンドミルによる加工を行うのです。

        フライス盤によるヒルトの角材加工

e0327983_10462489.jpg


そして出来あがったのが

e0327983_1047424.jpg


この画像です。他にも僕の場合こうしているという方もあるかも知れませんがほんの一例として説明をさせて頂きました。
by ynobuss | 2013-07-13 10:49 | 製作中 | Comments(0)