インテグラルナイフの製作過程

 旧ホームページでお約束したとおりインテグラルナイフ製作の続報です。

    画像①
      最初のフライス盤での削りだし、斜め部分は回転バイスで調整し削り込む
e0327983_9442144.jpg
 
    画像②
      削り込み終了の正面画像
e0327983_9465281.jpg
 
    画像③
      削り込み状態の詳細
e0327983_9475556.jpg


と言うわけでブレード部分と、ハンドル部分の削り込みが終了しました。何度となく言うのですが、ステンレス鋼はエドミルで削ると粘りと熱が発生しやすくエンドミルが焼き付き状態になりやすいためコンマ数ミリづつの削り込みです。そんなわけで手間が掛かると同時、表裏一体の成形をしなければ成らず、回転バイスの目盛りを使いますが最終的にはその目盛りもあまり当てにならずバイス取り付け台の本体部分にスコヤを当ててケガキ線に沿うように最終修正を行い削り込みます。この様に削ったブレード部分とハンドル取り付け部分も荒い削りですから金型用のオイルストーンで表面を平らにします。本日の説明はこれまで。
by ynobuss | 2013-04-30 09:49 | 製作中 | Comments(0)